3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

飯田橋のユースホステルで避難者受け入れ-お笑い・音楽の提供も

震災による避難者の受け入れを行っている飯田橋の東京セントラルユースホステル(画像=医療チームによる健康診断の様子)

震災による避難者の受け入れを行っている飯田橋の東京セントラルユースホステル(画像=医療チームによる健康診断の様子)

  • 0

  •  

 JR飯田橋駅直結ビル「飯田橋セントラルプラザ」の18階・19階にリニューアルオープンした「東京セントラルユースホステル」(新宿区神楽河岸1)で現在、東日本大震災による避難者の受け入れを行っている。

美容師によるヘアカットサービスも

 日本ユースホステル協会が東京都と連携・協力して運営する同ホテルは、宿泊定員158人の都内最大規模のユースホステル。今月3日から受け入れを開始し、現在、福島県からの避難者約50人を含む約60人を受け入れ、部屋を無料で提供している。

[広告]

 避難者には家族や子どもたちも多く、同ホステルでは少しでも笑いや楽しみを提供しようと、支援の一環として、ボランティアの協力を得て寄席や音楽、体を動かすプログラムなど、宿泊者へのさまざまなイベントを企画。4月10日には医療チームによる健康診断、12日にはヘアカットサービスなども行われた。

 「避難者の受け入れを知り、ボランティアを申し出てくださる方も多い」と同施設の木屋純さん。今後も、さまざまな競技の元日本代表選手やトップアスリートを招いてのスポーツイベント(4月23日)や宝塚歌劇団卒業生有志によるミニコンサート(5月1日)、落語、ヨガなどの企画も予定しているという。

 避難者の受け入れ期間は6月中旬まで(復興の状況や希望により、期間延長などの対応を行う可能性もあり)。