学ぶ・知る

市ケ谷の人気ラーメン店主らが被災地・石巻市へ2度目の炊き出し

石巻市での2度目の炊き出しに出発した人気ラーメン店の店主ら(写真左=庄野智治さん)

石巻市での2度目の炊き出しに出発した人気ラーメン店の店主ら(写真左=庄野智治さん)

  • 0

  •  

 市ケ谷の人気店「麺や庄の」(新宿区市谷田町1)の店主・庄野智治さんら人気ラーメン店の店主ら総勢9人が4月4日、ラーメンの炊き出しを行うため被災地・宮城県石巻市へ出発した。

トラックに800食分の食材や道具を積み込んだ

 同店と「麺屋 宗」(高田馬場)、「九月堂」(渋谷)は先月、売上金で被災地へ炊き出しに行くというチャリティー営業を実施。3店のコラボラーメンを各店1日ずつの3日間、1杯「500円+気持ち」で提供し、集まった約50万円で3月24日・25日に石巻市で「みそ煮込みラーメン」600食の炊き出しを行った。

[広告]

 2回目となる今回は、庄野さんと「麺屋宗」の店主・柳宗紀さん、両店スタッフのほか、フードファイターの三宅智子さん、フードジャーナリストのはんつ遠藤さんらも助っ人として参加。早朝から集まった全員で、材料や調理道具、来店客からのたくさんのメッセージが書かれた寄せ書きを2トントラックに積み込み市ケ谷を出発した。

 前回は、事前告知がなかったにもかかわらず提供開始時に200人以上が列を作ったという。「今回は、より多くの人に元気を持って行くことがテーマ。石巻の中心ともっと困っている所の2カ所で行う」と庄野さん。

 今回は、厚切りのチャーシューや味玉などをトッピングしたしょうゆラーメン800食を提供する予定で、4日の夕方は現地に到着してから提供できる場所を探して200食、5日の11時ごろからは石巻市役所前で600食を提供する。