見る・遊ぶ

東京理科大で71回目「理大祭」 理科大クイズ王決める新企画も

昨年の理大祭企画「化学王」実施風景

昨年の理大祭企画「化学王」実施風景

  •  
  •  

 「第71回 神楽坂地区 理大祭(以下理大祭)」が11月23日~24日、東京理科大学神楽坂キャンパス(新宿区神楽坂1)で開催される。

「Miss Rikadai Contest 2018」実施風景

 毎年、地域住民をはじめ、在校生や同大学を志望する受験生など、たくさんの人が来場する理大祭。今年は「ONE」をテーマに、理科大だからできる唯一の学園祭を目指していくという。

[広告]

 目玉企画の「Mr.&Miss Rikadai Contest」を決めるステージには今年もファイナリスト各6人が登場する。理科大のクイズ王を決める「King of TUS」は初開催。「豪華景品」を用意し、子どもから大人まで楽しめる企画とする。地元神楽坂商店街とのコラボも進み、コンテストのファイナリストインタビューを事前に商店街で行いホームページに掲載、喫茶企画では神楽坂商店街の商品を販売し理大祭限定の味も用意する。

 ほかにも理系大学ならではのドライアイスと液体窒素を使った理科実験教室や実験の展示「サイエンス夢工房」、研究室見学ができる「オープンセミナー」など、さまざまなプログラムを用意する。実行委員会広報局の西田さんは「来場者の方々に楽しんで頂ける企画が満載なのでぜひ足を運んでください」と話す。

 開催時間は、23日=10時~19時、24日=10時~18時30分。入場無料。

  • はてなブックマークに追加