天気予報

10

4

みん経トピックス

法政大学新校舎の供用開始四谷荒木町のバーをはしご酒

名画座・ギンレイホールで「神楽坂映画祭」 新潮社とコラボ

名画座・ギンレイホールで「神楽坂映画祭」 新潮社とコラボ

飯田橋の名画座・ギンレイホールで「神楽坂映画祭」を開催

写真を拡大 地図を拡大

 飯田橋の名画座・ギンレイホール(新宿区神楽坂2)で10月22日より、神楽坂映画祭2016「新潮社から生まれた名作映画たち~新潮社創業120周年・週刊新潮創刊60周年記念~」が開催される。

 今年で3回目を迎える同映画祭。同じ神楽坂にある出版社・新潮社と名画座・ギンレイホールによる文学と映画のコラボレーション企画が実現した。期間中は、同社が発行する「新潮」「小説新潮」「週刊新潮」に初出掲載または書下ろしなど、同社から生まれた名作文学を映画化した名作映画20本を上映。新潮社編集者の森重良太さんを聞き手に、映画関係者や担当編集者を招いたトークショーを連日開催する。

 主な上映作品は、「羅生門 デジタル完全版」(1950年)、「雪国」(1957年)、「潮騒」(1975年)、「華麗なる一族」(1974年)、「たそがれ清兵衛」(2002年)、「黄金を抱いて翔べ」(2012年)など。トークショーには、映画監督の小栗康平さんや天願大介さん、映画評論家の西村雄一郎さんらが登場する。

 料金は、前売り券・当日券ともに一般=600円、会員・学生=300円。各回入れ替えの定員制(202席)で、全席自由席、入場整理番号制(各回10分前開場)。

 上映、トークショーのスケジュールはギンレイホールのホームページとパンフレットで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

観光客をはじめ、多くの参拝者が訪れる靖国神社外苑休憩所の新名物スタミナメニューが人気に(画像=店内の様子)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング