天気予報

21

11

みん経トピックス

市ケ谷、街頭TVに人だかり就活版「リアル脱出ゲーム」

信濃町のカレー店、3,000円で「フリードリンク・フリーカレー」-1周年で

信濃町のカレー店、3,000円で「フリードリンク・フリーカレー」-1周年で

信濃町で1周年を迎えたカレー店「RED CHILI」。店内はカフェのような雰囲気。

写真を拡大 地図を拡大

 四谷三丁目駅から信濃町駅を結ぶ外苑東通り沿いのカレー店「RED CHILI」(新宿区信濃町、TEL 03-6380-6503)が2月23日、オープンから1周年を迎えた。

ジャンルの違う料理とカレーを一緒に味わう「カレープレート」

 店舗面積は約12坪。席数はカウンター席5席とテーブル席20席を合わせた25席。赤と白を基調とした店内で、同店マネジャー・陣内圭さんオリジナルの「毎日食べても飽きない日本のカレー」を提供する。

 陣内さんは一級建築士の資格を持ち、これまで商業インテリアや建築の設計などに携わったほか、バーテンダーの仕事や下北沢でバーを開いていた経歴を持つ。自身がカレー好きということや小資本で事業拡大もしやすいことなどを理由に昨年、同店をオープンした。

 「夜は飲みに来る人よりカレーを食べにくる人のほうが多い。(客層は)昼は近隣のビジネスマン、夜は近隣の方、まったく女性客が来ない日や逆に女性客ばかりの日もある」と陣内さん。「カレーでビルを建てるのが目標」という陣内さんだが、1年を振り返り「思っていたよりも苦戦している」と話し、今後は売り上げアップのため移動販売も検討しているという。

 同店では、インド料理店で数種類のカレーと副菜などが1皿で提供される「ターリー」のように、1皿でジャンルの違う料理とカレーを一緒に味わう食べ方「TOKYO STYLE CURRY」を提案。単品のカレーのほか、カレーにマッシュポテトとコールスロー、ラタトゥユをセットにした「カレープレート」(800円)を用意する。

 単品カレーのメニューは、「チキンカレー」「牛すじカレー」「ドライカレー」(各650円)のほか、「夜メニューとして出していたが好評だったのでランチでも提供を始めた」という「焼きカレー(牛すじ)」「インディアンタコライス」(各800円)など。夜の営業では、アルコール類や一品料理も取りそろえ、カレーのテークアウトも可能。客単価は、昼=750円、夜=1,000円。

 2月27日・28日には、オープン1周年を記念したイベント「RED CHILI おかげさまで1周年パーティー」を開催。料金は3,000円(フリードリンク、フリーカレー)。18時から。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時~23時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

神楽坂・毘沙門天善國寺裏に全室個室の「焼肉 しんうち 神楽坂」がオープン(画像=左上から時計回りに「シャトーブリアン」「厚切り上ハラミ」「ホルモンMIX」「幻のタン」)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング