狛犬ならぬ「狛虎」、スタンバイ-神楽坂の毘沙門天・善國寺

東京の縁日の発祥の地でもある同寺

東京の縁日の発祥の地でもある同寺

  • 0

  •  

 神楽坂の象徴の1つであり、創建400年を超える毘沙門天・善國寺(新宿区神楽坂5)。同寺には、「狛犬」ではなく、2010年の干支(えと)である「狛虎」が鎮座する。

勇ましい「狛虎」像

 古くからインドで信仰されてきた財宝の神、「毘沙門天」は寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に誕生し「寅毘沙」と呼ばれることから、「狛虎」が同寺本堂の左右に配されている。

[広告]

 1595年の創立以来まつられ、普段見ることができない毘沙門天像は、毎年「正月」「五月」「九月」の寅の日に開帳される。次回の開帳日は2010年1月4日の9~17時。

 2007年の放映され、倉本聰さん脚本、嵐の二宮和也さんが主演した人気ドラマ「拝啓、父上様」の中で登場したこともあり、同寺には若い女性の参拝も増えているという。

  • はてなブックマークに追加