レンタル業界が「好きな映画ランキング」-旧作の回転に効果も

加盟店店頭に掲示されるキャンペーンポスター(イメージ)

加盟店店頭に掲示されるキャンペーンポスター(イメージ)

  •  
  •  

 CDやビデオレンタル店の業界団体、日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合(千代田区麹町)は12月から、レンタル需要拡大キャンペーン「マイベスト シネマ&ドラマ2008」を開催する。昨年初めて開催し、投票総数65,000票を獲得した業界統一キャンペーンの第2弾。

第1回の表彰式で司会を務めたフジテレビの笠井アナウンサー(関連画像)

 前回のキャンペーンではすべての映画作品の中から「心に残るマイベストムービー」を募集。その結果、外国映画部門=「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」、日本映画部門=「ALWAYS 三丁目の夕日」、劇場アニメ部門=「となりのトトロ」、TVドラマ部門=「24 -TWENTY FOUR-」、TVアニメ部門=「DRAGON BALL」がそれぞれ1位に選ばれ、総合グランプリには「24 -TWENTY FOUR-」が選ばれた。

[広告]

 同団体は投票結果を活用し、加盟店でランキングを切り口にしたコーナー展示をした結果、旧作の回転が2~3倍になるなどの効果が得られたという。店頭投票により「店頭でのスタッフと利用客のコミュニケーションが良くなった」との報告も。

 今年のキャンペーンでは「今年観た映画&TVドラマ」から1作品、「テーマ別作品」から3~4作品を店頭・インターネット・携帯電話で受け付け、抽選で海外旅行や大型テレビ、協賛各社からの映画関連グッズなどをプレゼントする。同社担当者は「映画好きな人や新規客にレンタルショップに足を運んでもらい、映画業界全体が盛り上がれば」と期待を寄せる。

 キャンペーン実施期間は12月1日~31日。投票結果の発表は来年3月初旬を予定している。