学ぶ・知る

市ケ谷で「みんなで考えよう!ゴミと地球の未来展」 世界のごみ事情紹介

プラスチック製レジ袋を規制する世界86か国マップ

プラスチック製レジ袋を規制する世界86か国マップ

  •  
  •  

 企画展「みんなで考えよう!ゴミと地球の未来展」が現在、市谷本村町にある「JICA 地球ひろば」(新宿区市谷本村町)で開催されている。

世界のレジ袋・エコバッグ展示

 会場ではプラスチックごみや食品ロスなど、地球規模で課題となっているごみ問題の現状を紹介。ごみ分別のやり方を体験できるゲームや「ゴミすごろく」ゲームでさまざまなごみの問題を知ることができる。

[広告]

 世界のプラスチックは年間約4億トンが生産され、その36%が包装・容器に使われ、ほとんどが使い捨てられている。「2018(平成30)年までにプラスチック製レジ袋の規制を行った国や地域は86カ国になる(single-use plastics2018国連環境計画)」という。

 世界中の環境に優しいレジ袋やエコバッグの展示、間伐材などを使い日本で開発された世界初の「木のストロー」なども展示し、世界各国や企業の先進的な取り組みも紹介している。

 開館時間は 10時~20時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。第1・第3日曜休館。入場無料。1月17日まで。

  • はてなブックマークに追加