天気予報

15

7

みん経トピックス

飯田橋で恒例「パリ祭」牛込神楽坂に中国料理店

7月11日は「セブン-イレブンの日」 日本記念日協会に登録、記念企画も

7月11日は「セブン-イレブンの日」 日本記念日協会に登録、記念企画も

「セブン-イレブンの日」の記念日登録を記念して企業とコラボした記念商品(一部)

写真を拡大

 セブン-イレブン・ジャパン(千代田区二番町)が7月4日、「7月11日」を「セブン-イレブンの日」として日本記念日協会に申請し、登録された。

 セブン-イレブンの名称は、創業当初「朝7時から夜11時まで営業する店」だったことに由来する。同社によると、近年、7月11日になるとSNSを中心に「7月11日=7-11=セブン-イレブンの日」として盛り上がりを見せる現象が起こっていたため、今回正式に同協会に申請を行ったという。

 全国のセブン-イレブン店舗では7月6日より、「セブン-イレブンの日」登録を記念した記念商品の販売やキャンペーンを実施。

 記念商品は、「THE セブンシュー」をイメージしたチロルチョコや「炭火焼牛カルビ弁当」をイメージした「カルビー ポテトチップス 炭火焼牛カルビ弁当味」、「具たっぷり手巻ツナマヨネーズ」をイメージした「同 ツナマヨネーズ味」、通常商品の7倍のわさびパウダーを使用した「山芳 ポテトチップス わさび7倍わさビーフ」、1粒の大きさを通常商品の約7倍サイズにした「東ハト 7倍でっかい キャラメルコーン」など7種類。

 「いち推し」商品をツイッターやインスタグラム、ホームページに投稿すると、抽選でQUOカード7万円分やセブンプレミアム菓子の詰め合わせを進呈するキャンペーンなども展開する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

神楽坂に麹を中心とした発酵食品と日本の食文化に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」がオープン。甘酒やしょう油、みそなど、全国各地から取り寄せた発酵食品を販売する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング