天気予報

28

21

みん経トピックス

プレ金曜、企業の動向は?市ケ谷でDIYイベント

九段下にわら焼き専門店「わらやき屋 九段下 別邸」 九段下に2号店

  • 0
九段下にわら焼き専門店「わらやき屋 九段下 別邸」 九段下に2号店

九段下駅近くの目白通り沿いにオープンする「わらやき屋 九段下 別邸」外観

写真を拡大 地図を拡大

 九段下駅近くの目白通り沿いに2月24日、カツオのわら焼きと土佐料理の店「わらやき屋 九段下 別邸」(千代田区九段北1、TEL 03-5226-2630)がオープンする。経営はダイヤモンドダイニング(港区)。場所は「アゲモンオールスターズ」跡。

黒を基調にした重厚感のある雰囲気の店内

 店舗面積は25.04坪。席数はカウンター6席とテーブル席を合わせた45席。黒を基調にした重厚感のある雰囲気に仕上げた店内で、カツオの表面を巨大なわらの炎で一瞬にして焼き上げる土佐名物「わら焼き」をはじめとする土佐料理を提供する。

 主な「わら焼き」メニューは、「“かつを”の塩たたき」「土佐はちきん地鶏 もも肉」(以上1,390円)、「土佐はちきん地鶏 むね肉」(1,290円)、「鰻(うなぎ)わら焼き」(2,800円)、「鯨(くじら)わら焼き」(1,800円)、「黒毛和牛わら焼き」(3,800円)、「カマンベールチーズわら焼き」(990円)など。

 「どろめ(生のイワシの稚魚)」(490円)、「うつぼの唐揚げ」(790円)、「地魚のじゃこ天」(530円)、四万十産「川エビの唐揚げ」(780円)、「炙(あぶ)り鯖(サバ)棒寿司」(890円)など、地元で愛されている珍味や伝統料理、宿毛湾、四万十川産の食材を使ったメニューも取りそろえる。

 ドリンクメニューは、14種類をそろえる土佐の地酒(1合790円~、グラス500円~)をはじめ、高知県最古の酒造「西岡酒造」と「わらやき屋」のオリジナルブランド「辛口吟醸 げに辛」(とっくり780円、グラス530円)、高知特産の果実を使った果実酒(全6種、500円~)、「オリジナル土佐ハイボール」(全5種、各690円)など。ビジネスマンや高知出身者をメインターゲットに据え、客単価は4,000円を見込む。

 営業時間は17時~23時30分。日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

牛込神楽坂の中国料理店「月下爐」で1日限定の北京ダック食べ放題イベント「ゲッカロ 北京ダック祭り」を開催(画像=中国の古い民家を思わせるノスタルジックな雰囲気の店内)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング