食べる

四谷荒木町に白しょうゆ仕立てのおでんの店-広告代理店出身店主が独立

飲食店が立ち並ぶ四谷荒木町・柳新道通りにオープンした「おでん てつまる」

飲食店が立ち並ぶ四谷荒木町・柳新道通りにオープンした「おでん てつまる」

  •  
  •  

 飲食店が立ち並ぶ四谷荒木町・柳新道通りに1月12日、「おでん てつまる」(新宿区荒木町、TEL 03-3351-8977)がオープンした。店舗面積は9坪。席数はカウンターのみの9席。

白しょうゆ仕立てのおでん

 広告代理店の営業として30年勤務し、その後フリーのイベントコーディネーターとしてさまざまなイベントに携わってきた経歴を持つ店主の篠原直弥さんが開いた同店。かねてからの夢であった飲食店を開くために物件を探す中、義理の妹夫婦が荒木町で17年営む店「おく谷」の隣の店舗が空いたことからオープンにこぎ着けた。

[広告]

 都内では珍しいという白しょうゆ仕立てのおでんは、白滝、がんも、大根、ちくわぶ、さつま揚げ各種、トマト、白滝・タケノコ・ギンナンが入った特製ふくろ、イワシつみれなど常時10~15種類(100~300円)を提供。おでん三品盛り(500円)、「ナスの鉄板みそ炒め」「小エビの香味ソース」「豚肉のしょうが焼き」「自家製ギョーザ」など、全て500円均一の一品料理も取りそろえる。

 ドリンクメニューは、ビール(600円~)、日本酒(600円~)、焼酎(グラス=500円~、ボトル=3,500円~)、ソフトドリンク(300円)など。客単価は2,000円~3,000円。

 「ごはんセット(日替わりごはん、汁物、漬物)もあるので食事だけでも使っていただければ。おでんだけ買いに来られる方もおり、鍋を持ってきていただければおでんの持ち帰りにも対応する」と篠原さん。「おでんは高級な食べ物ではないので、気軽に手軽に飲んで食べていただける店になれれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時30分~23時30分(おでんは無くなり次第終了)。

  • はてなブックマークに追加