見る・遊ぶ

皇居ランナーの思いをロンドンへ-応援フラッグをコース沿道に掲出

皇居ランナーの思いが込められた「TOKYO FM襷(たすき)フラッグ」

皇居ランナーの思いが込められた「TOKYO FM襷(たすき)フラッグ」

  •  
  •  

 皇居ランナーの思いが込められた「TOKYO FM襷(たすき)フラッグ」が8月12日、ロンドンオリンピック男子マラソンのコース沿道に掲げられる。

応援メッセージを書き込んだ猫ひろしさん

 このフラッグは、マラソン日本代表選手を応援するために半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」(千代田区麹町1)が先月21日~31日の期間に施設内に掲出し、皇居ランナーからの寄せ書きを集めたもの。同施設を利用するランナーに、同じランナーだからこそ伝わる応援メッセージを書き込んでもらった。

[広告]

 ユニホームに表現されている「襷(たすき)」のように、皇居ランナーから日本代表選手への応援メッセージをつなごうという思いの下、立ち上がった同企画。180センチ×180センチの巨大フラッグはロンドンオリンピック日本陸上選手の公式ユニホームをモチーフにしており、日本人の強い絆や無数の思いがつながっていることが表現されたドット調の襷部分には、ランナーの手形や足形を集めることで寄せ書き以上の応援の気持ちが込められている。

 フラッグに集まったのは、日本代表選手に期待を寄せる老若男女のランナー約70人分のメッセージ。期間中、サプライズゲストとして自身もカンボジア代表としてオリンピック出場を目指した猫ひろしさんも来店し、「私の分まで楽しく走ってきてください」とメッセージを書き込んだ。

 フラッグは掲示期間終了後、ロンドンへ発送されており、先日行われた女子マラソンに続き12日に開催される男子マラソンのコース沿道に掲げられる予定。同施設でもマラソン応援企画として、競技当日、ロビーを中継放送終了まで開放しロンドンへ声援を送る。

  • はてなブックマークに追加