食べる

飯田橋駅西口に全串63円の焼き鳥店-30分313円飲み放題も

飯田橋駅西口近くにオープンした全串63円均一の焼き鳥店「やきとり○金 飯田橋本店」

飯田橋駅西口近くにオープンした全串63円均一の焼き鳥店「やきとり○金 飯田橋本店」

  •  

 飯田橋駅西口近くに7月11日、全串63円均一の焼き鳥店「やきとり○金(まるきん) 飯田橋本店」(千代田区富士見2、TEL 03-3261-5320)がオープンした。経営は多業態の飲食店を展開するダイヤモンドダイニンググループのゴールデンマジック(港区)。

味付けのメーンとなる「秘伝のにんにく壺」

 店舗面積は31.31坪。席数は60席。同店の焼き鳥は、1本あたり約12センチで約20グラム。たくさんの種類を熱いうちに食べてもらえるよう一般的な焼き鳥に比べ、小さいサイズで提供するのが特徴。味付けは、各テーブルに設置した「秘伝のニンニク壺(つぼ)」をメーンに、塩やたれも用意する。

[広告]

 主なメニューは、もも、ネギ間、鶏ニンニク、はつ、肩とろ、テール、首肉、レバ、砂肝、むね照りマヨ、ささみ明太、うずら、長いも、オクラ、ヤングコーン、アボカド、ブロッコリー、ナスなど30種類の焼き鳥と串焼き。このほか、「サクサクおつまみギョーザ」(367円)やオーダーごとにせんべい焼き器でプレスする「イカの姿焼きせんべい」(609円)、「マグロブツ」(304円)、「石焼き大盛りモヤシ炒め」(504円)などの一品料理も取りそろえる。

 ドリンクメニューとして、30分313円で飲み放題となる「セルフ式アルコールドリンクバー」を導入。飯田橋店では、「○金」初設置となるハイボールタワーから注ぐ強い炭酸が特徴のハイボールやビール、サワー、焼酎、梅酒、日本酒、マッコリなど70種類のドリンクを用意する。ドリンク単品は262円均一。近隣のサラリーマンやOLをメーンターゲットに据え、客単価は2,200円。

 昨年8月の八重洲1号店のオープン以降、新橋、お茶の水、新宿、武蔵小金井と店舗を拡大し、同店が6店舗目。来月も新店のオープンを予定している。直営店・ライセンス店を含め、5年で400店舗の出店を目指すという。

 営業時間は平日=16時~翌4時、土曜・日曜・祝日=15時~23時。オープンを記念して、アルコールドリンクバーを今月13日まで30分105円、同14日~16日には30分209円で提供する。