3密を避けて新しい生活様式へ!

神楽坂「アグネス」、ミシュラン選出の最少客室数ホテルに

閑静な住宅街にたたずみ個性が光る「アグネス」。館内にはフレンチレストランも。

閑静な住宅街にたたずみ個性が光る「アグネス」。館内にはフレンチレストランも。

  • 0

  •  

 今月22日に発売された「ミシュランガイド東京2008」に掲載された28のホテルに、神楽坂から「アグネス」(新宿区神楽坂2、TEL 03-3267-5505)が選出された。

 神楽坂の閑静な住宅街にたたずむ同ホテルは2000年に開業。地下1階地上5階建ての総客室数56室の小規模なホテルで、大型ホテルでは味わうことができない「住まう感覚」が特徴。プライベートやビジネスでの利用のほか、キッチンと洗濯機を備え付けた長期滞在型のサービスアパートメント機能も併せ持つユニークな施設として知られている。

[広告]

 同書発売前には、レストランの「星」の数に注目が集まっていたため、同ホテルでもレストラン部門での意識は高まっていたというが、「ホテルの評価で掲載されるとは意外だった。驚いている」と広報担当者は話す。

 今回同書に選出されたホテルの平均客室数は約460室。京王プラザ(新宿区)の1,440室や帝国ホテル(千代田区)の1,011室、ヒルトン(新宿区)の816室など大型ホテルの選出が多い中、同ホテルは最も少ない客室数での選出となった。

アグネスミシュラン評価、東京の快適なホテルは28軒-最高ランクは7軒に(市ケ谷経済新聞)「日仏調和の街」神楽坂、ミシュラン「星」獲得は8店(市ケ谷経済新聞)「ミシュランガイド東京2008」発売-記念フィギュアも限定販売(市ケ谷経済新聞)ミシュラン「星」獲得、四谷エリアは7店-早くも予約に影響(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加