暑いオフィスをアイスで乗り切る「アイスBiz」-アイス1万個無料配布も

暑いオフィスでアイスを食べてリフレッシュする「アイスBiz」

暑いオフィスでアイスを食べてリフレッシュする「アイスBiz」

  •  
  •  

 日本アイスクリーム協会(千代田区九段北1)は今夏、環境省の「スーパークールビズ」に賛同した暑いオフィスでアイスを食べてリフレッシュする「アイスBiz」を提案する。

 「ノー上着の奨励」や「室温28度設定」などといった従来の訴求に加え、「さらなる軽装の奨励」「勤務時間の朝型シフト」など進化した取り組みが求められる「スーパークールビズ」では、ファッションやワークスタイルだけでなく「体内から冷やしてくれる食べ物の摂取」もアクションの一つに掲げられている。

[広告]

 同協会は、「アイスBiz」の提案に先駆けて首都圏の20~30代のビジネスパーソン300人を対象にしたオフィスやビジネスシーンにおけるアイスの意識と実態調査を実施。これまでオフィスでアイスを食べていなかった人を含む約8割がオフィスで「アイスを食べたい」と望んでいる結果となったが、オフィスによってアイスを食べてもよい時間が休憩時間や残業時間などに制限されているという実態も明らかになった。

 オフィスでアイスを食べたくなる時間帯は「午後3時のおやつタイム」(67.0%)が最も多く、「残業時」(33.0%)、「昼食後」(29.0%)と続き、アイスを食べることで「気分転換できる」(68.3%)、「ほっとする」(31.7%)と感じている。アイスを食べてリフレッシュを図る「アイスBiz」に9割が「賛成する」(90.3%)という結果となった。

 同協会は7月1日、丸の内オアゾ「○○(おお)広場」で「アイスBiz」のキックオフイベントを開催。気象予報士の森田正光さんと根本美緒さんによるトークセッションを行うほか、来場者へアイス1万個を無料配布する。

  • はてなブックマークに追加