プレスリリース

社会人の84%は人前で話すことが苦手?!今の社会人は圧倒的に自信が持てない人が多い!自信をつけるためには慣れや練習が必要?

リリース発行企業:べースメントアップス株式会社

情報提供:

【調査概要:仕事に関する意識調査】 ■調査日   :2019年12月1日 ~2019年12月8日 ■調査方法 :インターネット調査 ■調査人数 :249名 ■調査対象 :社会人


ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「人前で話すことへの苦手意識」について調査しました。

社会人になると学生の頃と比べて、人前で話す機会が圧倒的に増えますよ。上司とのコミュニケーションはもちろん、プレゼンや会議での発言などで自分の意見を言わなければならないというタイミングが沢山あるでしょう。

学生時代にあまり表に立って話すことがなかったという人や、元から喋ることに対して苦手意識があるという人も多いです。確かに、人前で話すことはとても疲れるし、中には鬱になる程の嫌悪感を抱く人もいるでしょう。

その理由は緊張してしまう、自分に自信が持てないなど多々あるとは思います。自分の性格上、人前で話すことが苦手だと思っていても、強制的に話さなくてはならないというのは社会人ならではの辛さですよね。

そう言った方々は、話し方教室に通ったり、プレゼンの練習をしたりすることで対処するのも良いのではないでしょうか。

それでは、実際にどのくらいの割合の社会人が人前で話すことに苦手意識を持っているのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「人前で話すことに苦手意識はありますか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。


【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/596
社会人を対象に、「人前で話すことに苦手意識はありますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

とても苦手である:60%
少し苦手である:24%
それなりに自信がある:10%
とても自信がある:7%



とても苦手である:60%


とても苦手であると回答した人は、全体の60%でした。6割の社会人が話すことに対して苦手意識を持っているという結果になりました。確かに人前で話すと緊張してしまったり、一日中不安がつきまとっていたりしてしまいますよね。話すことに対して嫌悪感を持ちながらも、頑張っている社会人の姿が垣間見えます。


少し苦手である:24%


少し苦手であると回答した人は、全体の24%でした。社会人の約4人に一人は少しでも苦手意識があるようです。なかなか自分の話し方に自信が持てないという現代の事情も見えてきます。


それなりに自信がある:10%


それなりに自信があると回答した人は、全体の10%でした。自信を持てるような人は少数派のようですね。このような人たちも最初の頃はなかなか自信が持てなかったり苦手意識を持っていたりする人もいると思います。練習や慣れ次第でも自信をつけることは可能です。


とても自信がある:6%


とても自信があると回答した人は、全体の6%でした。自分の話し方が自信満々という人は少数だという結果がわかりました。商談でうまくいくことが増えたり、会議での発言で注目されたりすることもあるので、自信があることはとても良いことですよね。

下記記事では、「プレゼンの練習方法」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。

https://taisyokuagent.com/articles/596


関連サイト



■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp

  • はてなブックマークに追加