プレスリリース

地域の人と考える 「around杉並健康ライフ2018」開催のお知らせ

リリース発行企業:社会医療法人 河北医療財団

情報提供:

社会医療法人 河北医療財団 (所在地:東京都杉並区、理事長 河北 博文) は、2018年11月4日(日)、地域の人と考える「around杉並健康ライフ2018」を開催いたします。


地域密着を図るため、2009年より毎年秋に地域の人と考える「around杉並健康ライフ」と銘打ち、医療の知識を高めていただくセミナーや医療を身近に感じていただけるような体験型のイベントを開催しております。

事業活動を通じて地域に新たな価値をもたらすような関係の構築をおこない、地域の医療機関として、皆さまの健康を支え続ける「予防」「治療」「リハビリテーション」など、医療のご提供はもちろんのことこころにも寄り添ってまいります。今年の「around杉並健康ライフ2018」では、学生ボランティア、地域の商店街・企業・NPO法人さまに模擬店の出店や協賛などご協力をいただいております。地域の皆さま方と共にイベントを盛り上げていきたいと考えております。

【イベント概要】
名 称:around杉並健康ライフ2018 ( https://around-suginami.jp/ )
テーマ:健康な街づくり -人と人とがつながる地域-
開催日:2018年11月4日(日)
時 間:10:00~16:00
入場料:無料
会 場:第1会場 / 阿佐谷地域区民センター  〒166-0004 杉並区阿佐谷南1-47-17
    第2会場 / 杉樹(さんじゅ)ビル     〒166-0001 杉並区阿佐谷北1-2-1
後 援:杉並区
協 賛:株式会社ココカラファイン ヘルスケア、株式会社クラーチ 、JA三井リースグループ、
    パナソニックエイジフリー株式会社、SOMPOケア株式会社、 協和発酵キリン株式会社、
    ソニー生命保険株式会社
協 力:阿佐谷新進会商店街 、阿佐谷進交会 、阿佐谷商店街振興組合、警視庁杉並警察署、
    東京消防庁杉並消防署、杉並警察ビル防犯協会、中外製薬株式会社
                                 (順不同、10月12日現在)


【内容 (予定)】


健康講座・相談・体験コーナー(健康相談、介護相談、アシストロボット体験など)
検査体験コーナー(肺年齢測定、血管年齢測定、血糖値、骨密度測定、体力測定など)
子ども向けお仕事体験 (看護師、医師、薬剤師、警察官、消防士、お母さん、各ユニフォーム撮影)
ワークショップ (おり紙、お庭づくり、マスキングテープアート、アロマスプレーなど)
なみすけ (杉並区公式マスコットキャラクター) と写真撮影会
緊急自動車の展示・試乗 (白バイ・ミニパトカー) 
展示コーナー ・ カフェ(ラテアート)  ・ 中庭での模擬店


講演】
[第1会場] 

《開会宣言》     学会長 河北家庭医療学センター センター長 一戸 由美子
10:27~10:30
講演1》      テーマ『100年に向かって河北医療財団が考える「医療」について
10:30~11:30       社会医療法人 河北医療財団 理事長 河北 博文
講演2》      テーマ『在宅ケアのつながる力
13:30~14:30      「暮らしの保健室」 室長 秋山 正子氏
座談会》      テーマ『健康な街づくりについて考えよう
15:00~16:00 〈座長〉  河北家庭医療学センター センター長 一戸 由美子
              NPO法人ツナグバヅクリ 代表理事 鎌田 菜穂子氏
              河北透析クリニック 院長 青木 尚子

[第2会場] 
《河北健康教室1 テーマ『感染症とワクチンのお話
11:00~12:00        河北総合病院 小児科医師 周戸 優作
《河北健康教室2 テーマ『心臓病の症状と治療
13:30~14:30       河北総合病院 院長 杉村 洋一
《河北健康教室3 テーマ『看取り経験を語る会
14:45~16:00  〈座長〉  河北家庭医療学センター 家庭医療科長 塩田 正喜
               助成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

社会医療法人 河北医療財団 (2018年10月現在)
創業:1928年5月
理事長:河北 博文
従業員数:約2,700名
杉並エリア:10か所
多摩エリア:19か所
研修施設:1か所
提携病院:1か所
所在地:杉並区阿佐谷北1-7-3
ホームページ http://kawakita.or.jp/

アクセス