天気予報

30

22

みん経トピックス

靖国神社の「紅白梅」開花麹町の2店がコラボブロス

「神楽坂俳句・川柳大賞」 大賞作品は「神楽坂まつり」うちわに掲載も

「神楽坂俳句・川柳大賞」 大賞作品は「神楽坂まつり」うちわに掲載も

第3回大賞作品が掲載された「神楽坂まつり」オリジナルうちわ

写真を拡大

 「第4回 神楽坂 俳句・川柳 大賞」を主催する「神楽坂ビール」(新宿区神楽坂2)が2月1日から、「神楽坂」をテーマにした俳句・川柳を募集している。

 「古きよきまち神楽坂を愉(たの)しむイベント」として始められた同企画。主催者・協力店が、大賞などの各賞を選出。入選者には、賞品として神楽坂ビールほか協力店の名物商品を贈呈する。

 協力店に名を連ねるのは、「相馬屋源四郎商店」「毘沙門せんべい 福屋」「神楽坂銘茶 楽山」「五十番 神楽坂本店」の神楽坂を代表する有名店。

 賞品は、大賞=神楽坂ビール1ケース24本、準大賞=同6本セット、相馬屋賞=相馬屋源四郎箋(せん)3種セット、福屋賞=毘沙門せんべい(缶入り)、楽山賞=炒りたてほうじ茶セット、五十番賞=肉まんセット(5個入り)を用意する。

 前回は、地元の小学校からクラス単位での応募もあり、これまでで最多となる1125作品が集まった。大賞に選ばれたのは「坂を行く 小紋美し 春の雪」(涼風)。大賞作品は、同社が協賛する「神楽坂まつり」のオリジナルうちわに掲載された。

 「来年は5回目になるので、何かまた面白いことを考えたい」と神楽坂ビールの伊東宏祐社長。最近の神楽坂の店の入れ替わりの激しさに触れ、「新しい店を歓迎しつつも、この街の独特な良さがずっと失われないことを願ってやまない」とも。

 募集期間は2月29日まで。神楽坂ビールサイト内の応募フォーム、メール、はがき、ファクスで受け付ける。入選作品は3月20日、神楽坂ビールのウェブサイト上で発表する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

四谷三丁目交差点そばにオープンした「山形うまいもん処 花笠庵」店内の様子
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング