天気予報

29

22

みん経トピックス

四谷しんみち通りにバー新店神楽坂に「椿屋珈琲店」

九段下に和食居酒屋「魚匠屋」 魚料理と日本酒をメーンに

九段下に和食居酒屋「魚匠屋」 魚料理と日本酒をメーンに

おすすめメニュー「お造り六点盛り」

写真を拡大 地図を拡大

 飯田橋1丁目の交差点近くに12月1日、和食居酒屋「魚匠屋」(千代田区飯田橋2、TEL 03-6265-6662)がオープンした。

店長の小出剛久さん

 飲食店の運営を行う「ベストモア」社長の小出剛久さんが店長を務める同店。席数はテーブル23席、カウンター5席。通信系の大手企業に勤めていたが、昨年10月に法人を立ち上げ、飲食店経営に乗り出したという小出さんは「店名は、ネットで見たときなどに、何が強みの店かすぐに分かる名前にしたいと考えて決めた」と話す。

 「魚と日本酒が売りのお店。自慢はマグロで、生の国産本マグロしか使わない。これを食べておいしいと感じてくれたお客さんにもう一度来てほしいので、そこで利益を取るつもりはない」と自信を見せる。

 主なメニューは、「生本鮪のお造り」(990円)、「お造り六点盛り」(1,700円)、「自家製さつま揚げ」(490円)、「小鯵南蛮漬け」「牛すじ煮込み」(以上590円)など。その他、焼き魚、煮魚、貝の浜焼きなどが「本日のおすすめ」として黒板メニューに並ぶ。

 ドリンクメニューは、「生ビール中ジョッキ(アサヒスーパードライ)」(530円)、「瓶ビール(キリン一番搾り)」(630円)、「ハイボール(ブラックニッカ)」(490円)、サワー各種(490円~)、カクテル各種(530円)、焼酎、ワインなど。日本酒は、常時20種類ほどをそろえ、お薦めは、山形県小嶋総本店の特約店限定流通酒という「東光 洌(とうこう れつ)」。

 ランチの人気は「海鮮丼」(890円)。そのほか、「お刺身定食」(990円)、「本鮪丼」(1,490円)、「焼魚定食」(890円)、魚以外のメニューとして「サービス定食」(690円)を提供する。

 営業時間は11時30分~13時30分、17時~22時30分(以上ラストオーダー)。土曜・日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

神楽坂通りから一本入った路地にオープンした「土佐の酒とうまいもの 神楽坂 ぼっちりや」店舗外観
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング