天気予報

31

22

みん経トピックス

市経PV1位はすし食べ放題「金箔マスク」の販売好調

飯田橋のベースマン「野球福袋」、今年も好評 初売りセールに入店待ち行列も

飯田橋のベースマン「野球福袋」、今年も好評 初売りセールに入店待ち行列も

1月3日の行列の様子

写真を拡大 地図を拡大

 飯田橋の野球用具専門店「ベースマン」(新宿区揚場町2、TEL03-3268-8989)が販売する福袋が今年も、来店客から好評を博している。

 今年で創業39年目を迎える同店。元プロ野球選手の清原和博さんや読売ジャイアンツ所属の阿部慎之助選手をはじめ、プロからアマチュアまで幅広い層に支持されている。

 中でも同店が初売りで販売する福袋は、安価でグローブを含む野球装備一式がそろうことから、毎年開店前から数百人の行列ができるほどの人気を集めている。今年の初売りの1月3日は、早朝6時30分頃から行列ができはじめ、開店前には約200人が並んだ。

 同店スタッフによると、好評の反面、例年、来店者による行列や一時駐車の車に対し近隣住民から苦情が寄せられていることから、今年は本来の開店時間である10時を9時10分に早めたという。

 福袋目当ての来客が落ち着いた後も、店頭には初売りセールを目当てに多くの客が集まった。そのため、一時的に入店規制を設けざるを得ず、本来のオープン時間の10時を過ぎた段階でも店舗前には入店を待ち望む100人程が列を作る姿が見られた。

 店舗周辺では、水色の福袋を手に満足げな表情を浮かべた少年や親子連れの姿があったほか、ネット上でも福袋の内容に満足する購入者の声が上げられていた。

 同社営業推進部の岡田さんは「革の値段の高騰が止まらず、昨年と比べても2,000~3,000円程上がっているが、これ以上福袋の値段を上げることはできないし、お客さまには好評頂いているので、今後もできる限り続けていきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時。第3水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング